« 西洋梨のタルト | トップページ | 栗の甘露煮、マロンペーストの作り方 »

2008年9月18日 (木)

レンタカー出発時の満タン確認をおすすめします。

最近、よくレンタカーをお借りします。原則として、ガソリン満タン返しになってます。が、この頃のガソリン代高騰の余波で、満タンにして返さないやつらがいるんですなー。びっくりしました。
9月10日(水)、Mレンタカーさんでデミオを1日お借りしました。所用を済ませ、走行距離約43キロで、中区大手町まで無事に帰還。平和大通り沿いの給油所で満タンにしてみると、なーんと1800円の請求が来ました。レシートを良く見ると、10リットルも給油されているではないですか。ありえないお話!!
毎回、車種はデミオ(運転のしやすさから旧型デミオ)をお借りしています。先々週は130キロくらい走って2000円くらい。だいたい1リットル当たり10キロくらいの燃費なのですが、今回だけ1リットル当たり4.3キロ。給油所にクレーム言っても無駄なので、「明らかに、これはおかしいのでは?」と、返却時にMレンタカーさんに問い合わせ。レシートと引き換えに給油したガソリン代金を返金していただきました。
Mレンタカーさんの場合、給油所の指定もなく、満タン証明書を書いてもらうわけでもなく、給油時のレシートは見せるだけで渡すわけではないので、レンタカー返却時に満タンかどうかは、全くの自己申告なのです。全くの給油なしでは、運転席のガソリンメーターでわかってしまうので、満タンマイナス5リットルくらいで前回の人が給油されたのだと思います。こんな悪知恵がよくはたらきますねー。本当にびっくりです。
というわけで、出発時の車の外装点検のときに、ガソリンキャップを開けて、本当に満タンかどうかを確認するのが自己防衛策として有効ではないかと、ご提案する次第です。
今回は、走行距離がたまたま43キロだったので判明しました。仮に300キロくらい走っていれば、「今日は、少し燃費が悪かったなぁ」という程度で、気付かずに終わっているかもしれませんね。

|

« 西洋梨のタルト | トップページ | 栗の甘露煮、マロンペーストの作り方 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/42464842

この記事へのトラックバック一覧です: レンタカー出発時の満タン確認をおすすめします。:

« 西洋梨のタルト | トップページ | 栗の甘露煮、マロンペーストの作り方 »