« 岡山産のおいしい桃「ロイヤル」は、これ! | トップページ | 季節メニュー ぶどうのジャムとぶどうジュース »

2008年8月 7日 (木)

おいしい「アップルマンゴー」の見分け方

今週も、フルーツの授業がありましたので、アップルマンゴーのお話を。

Mangorsz アップルマンゴーは、マンゴーの中でも大きな品種で、表面がりんごのような赤い色をしています。国内では、沖縄、宮崎などで生産されていますが、お値段が2000円超でもっぱら贈答用です。一般庶民向けの輸入物には、昔からのメキシコ産、最近入荷するようになった台湾産、冬場に南半球から届くブラジル産などがあります。今の時期(7~8月)が最安値の時期で、1玉400~600円くらいでおいしいマンゴーがいただけます。
選び方ですが、果物売り場に行って、桃のときと同じように深呼吸をします。マンゴーの甘酸っぱい香りが飛び込んできたら、食べ頃マンゴーです。なるべく大きなふっくらとしたマンゴーを買って帰りましょう。このような香りの強いマンゴーは、手に持つと表面がやわらかく、すぐにわかります。色は赤いほうがおいしそうに見えますが、グリーンマンゴのように表面が緑色で赤くならない品種や、オーストラリア産のピンク色の品種もありますので念のため。
もし、あまり香りがしなくて、固いマンゴーばかりだったら、そのロットは日本に届いたばかりかもしれません。3日くらい室温で放置すれば食べれるようになりますが、早めに食べるには追熟処理が良いでしょう。キウイフルーツのときと同じように、りんごとマンゴーをビニール袋に入れ、口を閉じて室温においておきます。
詳しくはキウイフルーツの見分け方のURLをご参照ください・・・
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_000d.html

|

« 岡山産のおいしい桃「ロイヤル」は、これ! | トップページ | 季節メニュー ぶどうのジャムとぶどうジュース »

おいしい果物の見分け方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/41852335

この記事へのトラックバック一覧です: おいしい「アップルマンゴー」の見分け方:

« 岡山産のおいしい桃「ロイヤル」は、これ! | トップページ | 季節メニュー ぶどうのジャムとぶどうジュース »