« 桃のコンポートの作り方 3種類食べ比べセット | トップページ | クッキングパパ 99巻 »

2008年8月19日 (火)

プルーンのジャムの作り方(電子レンジ簡単レシピ)

電子レンジを使ったプルーンのジャムの作り方をご紹介します。といってもほとんど前々回のあんずのときと同じです。
Prune1rsz 今回は、JA塩尻市の早生品種のアーリーリバー(だとおもいます)。小粒で少し酸味があります。酸味のない品種の場合には、途中でレモン果汁を加えてください。分量は、プルーン400グラムだとレモン果汁6分の1個分くらいです。
完熟のおいしいプルーンは、手に持ったときに弾力性があってやわらかいです。固くて表面の皮が張っているようなプルーンは避けましょう。

プルーンのジャムの作り方(電子レンジ簡単レシピ)
材料 プルーン・・・1パック(約400グラム)
    砂糖・・・プルーンの重さの25%(100グラム)
Prune2rsz 作り方 1.プルーンを洗います。
2.縦にぐるっと包丁を入れ、プルーンの実を2つ割りにして、皮と種を取ります。完熟品でしたら、写真のようなきれいなだいだい色をしています。
3.2と砂糖全量を、耐熱容器、または丼鉢に入れ、よく混ぜ、レンジ強(600W)で4分かけます。(400グラムだと、時間は4分が目安です。)
Prune3rsz 4.一度良くかき混ぜて、再びレンジ強(600W)で4分かけます。途中2~3回くらい表面のあくを取ります。加熱が終わったら実が柔らかくなりますので、木べらなどで実を砕いておきます。
5.レモン果汁が必要な場合には、ここで入れます。再び、レンジ強(600W)で4分かけます。
6.レンジ弱(200W)で15分くらいかけます。冷えると固まりますので、少し水分が残り、ゆるい程度でレンジを終了します。
Prunejamrsz 出来上がり量は200グラムくらいです。
作り方4の加熱が終わった時点で、完熟品だったらプルーンの実がある程度とろけてきますが、もし、まだ固いようでしたら、温かいままミキサーに入れて砕いてもいいでしょう。

プルーンについてお勉強をされているぷるぷるさんと、相互リンクを張りましたので、あわせてご利用ください。
URL・・・http://purupurupurun.seesaa.net/

|

« 桃のコンポートの作り方 3種類食べ比べセット | トップページ | クッキングパパ 99巻 »

手作りジャムの作り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/42155271

この記事へのトラックバック一覧です: プルーンのジャムの作り方(電子レンジ簡単レシピ):

« 桃のコンポートの作り方 3種類食べ比べセット | トップページ | クッキングパパ 99巻 »