« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

あんずの見分け方・ジャムの作り方(電子レンジ簡単レシピ)

きょうは、あんずのジャムをお作りします。
果物屋さんの店頭には、7月前後の限られた数日間しかないので、あんずを見つけたら即買いです。完熟ものは傷みも早いので、早速作りましょう。

あんずの見分け方
Apricot1rsz大まかに分けて次の3タイプに分かれます。
・表面に青みが残り、触っても固いもの(写真右)・・・未熟品です。
・全体が濃い橙色で、少し弾力性があり柔らかいもの(写真左)・・・完熟品。このあんずを使うと、おいしいジャムができます。
・皮が透き通っていて、触ると形が崩れそうなもの・・・過熟品です。水分が多いので、ジャムとして煮ていくと、ほとんど蒸発します。ジャムの出来上がりの量が大変少なくなります。

あんずジャムの作り方(電子レンジ簡単レシピ)
Apricot2rsz材料 あんず・・・10個くらい(約500グラム)
    砂糖・・・あんずの重さの40%(200グラム)
作り方 1.あんずを洗います。皮も使いますので良く洗います。
2.縦にぐるっと包丁を入れ、あんずの実を2つ割りにして、種を取り出します。ここで、種が実と離れていて、簡単に取れれば完熟品です。(種と実が密着し、簡単に取れないようでしたら未熟品。縦に4つ割りにするときれいに取れます。)
Apricot5rsz 3.2のあんずを、適当に乱切りします。
未熟品の場合は、小さめに切ると火の通りが良くなります。
2つ割りのまま、お砂糖をまぶして即レンジにかけるようなレシピもお見かけしますが、ちょっと危険。たまに虫食いがありますので。面倒でも乱切りにして、虫食いと傷んだ箇所を取り除きます。
4.3と砂糖全量を、耐熱容器、または丼鉢に入れ、よく混ぜ、レンジ強(600W)で5分かけます。Apricot3rszApricot4rsz
5.一度良くかき混ぜて、再びレンジ強(600W)で5分かけます。沸騰すると、かなり容器の中が煮えくりかえるので、実が容器からあふれないかどうかを、沸騰する頃にはよく見ておきましょう。途中2~3回くらい表面のあくを取ります。加熱が終わったら実が柔らかくなりますので、未熟品の場合は、木べらなどで実を砕いておきます。
6.レンジ弱(200W)で10分かけます。レンジ弱は、ナベでコトコト煮ていくのと同じ作業です。途中、味見をしてお砂糖が必要だったら追加します。
Apricotjam1rsz7.再びレンジ弱(200W)で10分くらいかけます。冷えると固まりますので、少し水分が残り、ゆるい程度でレンジを終了します。
出来上がり量は350グラムくらいです。

一度に大量に作りたい時は・・・
Apricot6rszあんずを10個ずつくらいに分け、1~5の作り方までを繰り返し、最後にまとめて鍋に入れて煮ると簡単です。
あんずの場合は、いちごのジャムのようにたっぷりの果汁の中で煮るのではないので、鍋底が焦げやすいです。絶えず底のほうをかき混ぜるようにして、煮詰めていきます。(ずっと鍋のそばにいる必要があります。)
冷えると固まりますので、少し水分が残る程度で終了します。
Apricotjam2rsz 鍋で煮る時間は、写真の場合は1.5キロのあんずで15分くらい、出来上がり量は1キロ強です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

すもも(ソルダム)の見分け方・ジャムの作り方

そろそろアンズが出てるかなと思って近くのスーパーFGに行きましたら、アンズはなかったのですが、おいしそうなソルダムを発見しました。熊本県の益城(ましき)産。桃は出始めで、いいのだと1個500円くらいしてちょっと手が出せなかったです。きょうは予定を変更して、スモモのジャムをお作りしました。

おいしいソルダムの見分け方・・・非常に重要です。
1.果物店やスーパーなどの店頭に並んですぐのときは、ソルダムの表面は緑色をしています。これは食べるのには早すぎます。
Soldum0rsz 2.時間がたつと(2~3日)、表面が少し赤みがかってきます。
(写真上)
これくらいの赤い色では、食べれなくはないけれど
皮はきれいにむけないし、あまり甘くないはず。
もうちょっと待ちます。
Soldum1rsz 3.ソルダム全体が赤みがかってきて、緑色がほとんどない状態。
(写真中)
ちょうど食べ頃で、皮もきれいにむけます。皮をむくときに、果汁が少し滴り落ちるけれども、果肉もちゃんと残っている状態。
完熟時に摘果したものは、大きめの種があるはずです。甘いソルダムは種の周りも甘いです。ジャムを作るときは、このくらいの色のものがベスト。
Soldum2rsz 4.ところどころ、表面に赤黒い色があってソルダムの表面を触るとやわらかいもの。
(写真下)
皮をむこうとすると中の実が崩れる状態、果汁がほとんどで、果肉は繊維分しか残っていない状態。果汁をすすると大変甘くておいしいのですが・・・。
ジャム作りには使えません。果汁を煮詰めると水分が蒸発するので、ジャムとしてほとんど残らない、苦労の割には出来上がり量が少なく、トホホなジャムになりますょ。
というわけで、ジャムを作るには、必ず、3の状態のソルダムを使います(厳守)。

ソルダムのジャムの作り方(あくがたくさん出るので、電子レンジより鍋向きです。)
材料 ソルダム・・・3パック(約1200グラム)
    砂糖・・・ソルダムの重さの40%(480グラム)
作り方 1.ソルダムを良く洗って、皮と種を取り除き、果肉を取り出します。
Soldum3rsz 2.ナベに1と砂糖を入れ、よく混ぜます。果肉が写真のようなきれいな赤い色だったら、ほとんど成功間違いなし。果汁が多いときは、すぐ火にかけても大丈夫です。果肉が多いときには、1時間くらいそのまま放置して、よくなじませてから火にかけます。
3.2を中火にかけ、全体が沸騰してきたら弱火にしてあくを取ります。たくさんでますので、しっかりとりましょう。
4.あくがだいたい取れたら、全体にとろみがつくまで、弱火で煮ていきます。すももの品種が、サンタローザや大石早生などの甘い系のときは、ここで少量のレモン果汁を加えます。ソルダムは、もともと酸味がありますので、レモン果汁は入れません。
5、とろみがついて、果肉部分がほとんど溶けてきますと、ほぼ出来上がり。ナベ全体が沸騰してくるようになったら火を止めます。
Soldumjamrsz 出来上がり量は、700グラムくらい。作業時間は1の果肉の取り出しが20分、3以降の煮る時間が1時間弱くらいです。あくはたくさん出ますが、最初のフルーツ選びがうまくいくと割合と簡単にできます。
ソルダムのジャムは、10時3時の定番のジャムのラインナップにはないのですが、いいソルダムが手に入ったときに毎年お作りしています。夏の太陽の日差しの下で見ると、出来上がったジャムの赤い色が、きらきらと輝いて、例えようもなく美しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

梅雨時期のおすすめハーブティー「エルダーフラワー」

梅雨時期に入って、ようやく諸々の花粉症の症状が一段落。ほっとしている今日この頃です。花粉症でないほとんどの方は、梅雨時期をうっとうしく思われているでしょう。ですが、花粉症の人は、ようやく春の花粉の嵐が過ぎ去り、ほっとできる時期なのです。
Elderflowerrsz さて、この時期、梅雨寒といって雨が続いて肌寒い時があり、体調を崩しやすい季節でもあります。ここでおすすめするのが、ハーブティーの「エルダーフラワー(Elderflower)」。風邪の初期症状に有効で、血行が良くなり体温を温める作用があるそうです。香りはマスカットのようなすっきり系。この頃調子が悪くてなんだか寒気がして・・・というお客様は、ぜひお試しください。(ポットサービス400円です。)効能は、下記URLが詳しそうなのでご参考まで。
URL・・・http://www.bee88.com/elderflower.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

よーく見ると中身が減っていたよ!

きょうもいつものようにレアチーズケーキをせっせとお作りしていました。が、きょうはなんだかいつもよりバターの量が多いかなぁ?
レアチーズケーキの土台は、溶かしバターと粉々クッキーを混ぜて冷やし固めます。バターの量はちゃんとグラムを確認したのに、ナゼ??
と思ったら、いつもユアーズで買っているクッキーのパックの中身の量が、180グラムから150グラムに減っているではありませんか!クッキーは1パック丸々使いますので、いちいちグラムなんて見ていません。パッケージがまったく同じだと中身が減っているとは思わないでしょ。北陸製菓さん!
Cookie180rsz before(180グラム)




Cookie150rsz after(150グラム)




このごろの諸事情は、全国のみなさんも承知しています。お値段を同じにしてパックの中身を減らすのだったら、「グラムが減って、ごめんなさい」シールくらい張ってくれればかわいいのに。これじゃあ、上げ底で荒稼ぎしている業者と同じじゃん・・・。

このほかにも、パッケージが同じで、グラム数の表示のみが変わっている商品がありましたょ。雪印さん!

Neosoft450rsz before(450グラム)




Neosoft400rsz after(400グラム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

ダージリンの新茶の2煎目

ダージリンの新茶は、発酵度合いが浅く、まるで煎茶のよう。特に今年のゴパルダラは茶葉まで薄い黄緑色で、事情を知らない人にお出しすると、なんだかクレームがきそうなくらい淡い水色です。
Ffd20082rsz 紅茶は、抽出温度が100℃で、煎茶の80℃に比べて高いので、2煎、3煎というわけにはいかないのですが、ダージリンの新茶だったら、できないこともないようです。10時3時の紅茶抽出器具ティーハット80℃では、器具の予熱が要らないので、1煎目を普通にお作りした後、もう一度、熱湯を注ぎます。少し長めの5~7分蒸らせば2煎目が出来上がります。香りも味も少しは落ちますが、お砂糖を入れて飲んだりする分には十分なダージリン紅茶です。新茶は茶葉のお値段も高いですし、1回で捨てるにはもったいないので・・・。お客様のご注文の紅茶をお出しした後で、ひそかに厨房の中で楽しんだりしています。
通常のティーポットの場合には、ティーポットの中の紅茶を全部出し切った後、ティーポットがまだ温かい内に熱湯を注ぎ、抽出時間を長めにすればいいと思います。ティーポットが冷めた後では、難しいですね。
また、3煎めは、薄い黄色の色つきのお湯の域に達して、紅茶とは呼び難い飲み物になります。楽しめるのは、2煎目までのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

歩車分離式信号機での自転車の通行方法

Signalrsz 10時3時のお店のすぐそばのローソンのある交差点や、平和公園西側の本川小学校の南側の交差点には、「歩車(ほしゃ)分離式信号機」というのが設置されています。スクランブル交差点のように、車が通るときには歩行者用信号機の全部が赤で、歩行者が通るときには、車道の信号機が全部赤になって、交差点を斜めにも歩ける信号機のことです。
この6月1日に、道路交通法が改正され、盛んに「自転車は車両の仲間です」というニュースが流れています。この1週間、車道を通行する自転車が通勤時間帯にはあふれかえっていて、車を運転するドライバーは少し迷惑顔。おまわりさんの自転車も、車道を走ったり歩道を走ったりと色々で、いったいどっちなのって感じです。というわけで、管轄の広島中央警察署に電話でお尋ねしてみました。(2008年6月6日11時半頃)

「歩車分離式信号機の交差点では、自転車の人は車両の信号機と歩行者用信号機のどちらの信号機をみて運転するの?」

自転車は、従来は車両扱いのため、車道を通行し、車両の信号機に従って交差点を通過していました。が、このたびの道路交通法の改正で、車道の通行が危険な場合には、歩道を通行することができるようになりました。歩道を自転車で通行する場合には、歩行者用信号機に従って通過します。危険かどうかは、自転車に乗っている各人が判断してください。自転車横断帯の設置されていない交差点は、道路の幅が狭く、自転車での車道通行が危険な場合があります。特に、車道を通行する自転車が直進し、自動車が左折する場合には、自動車の左折時に巻き込み事故にあう危険があるので、自転車を歩道に上げて、歩行者用信号が青に変わってから交差点を通過されるのが安全です。」だそうです。

私のこのたびの法改正の認識とは少し違っていたようです。私は、「自転車は車両扱いなので、5月まで歩道を走っていた自転車は、6月からは車道を走ること!」という認識でしたが、正確には「これまで車道を走らなければいけなかった自転車は、子供が自転車に乗る場合や、危険な場合などは歩道を通行できるようになったので安全運転してください」と。
これって、なんだか正反対のような気がします。私のニュースの捉え方がへんなのかなぁ。飲酒運転や電話しながらの自転車の運転は、車両扱いなので危険ですよというニュースが強調されすぎていて、車道が危険な場合は安全確保のため歩道を通行してくださいという例外部分の説明が置き去りにされているような気が・・・。
ともあれ、5月までは、自転車は車道を通行し、車両の標識に従って交差点を通過しないといけなかったのですね。(自転車歩道通行可の標識のある場合、歩行者自転車用信号機の表示のある場合を除く。)いやぁ、私は知りませんでした。私の育ったところはちょっと田舎でして、通っていた広島市立H小学校の学区には信号機が1台もありませんでしたので。(たぶん今もありません。)

自転車でご来店されるお客様、くれぐれもお気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

ミルクに負けるアッサム紅茶(アッサムファーストフラッシュ)

名古屋の某紅茶輸入店から、紅茶のサンプルが届きました。ダージリンの新茶とアッサムの新茶。このお店からは、よくサンプルをメール便で送っていただいています。いただきまいたサンプルは、10時3時のお客様と一緒に試飲しながら、紅茶のいろいろな会話を弾ませておりまして、非常にありがたく思っています。
さて、今回のアッサムの新茶(ファーストフラッシュ)は、アッサムの固定観念を打ち破るお味でした。まったくアッサム特有のコクといいましょうか、口に含んだときの重たさ、ワイン風に言えばボディーがまるでありません。はるか上空を漂う雲のような軽さ、タバコで言えば1ミリグラムってところでしょうか。水色も通常のアッサムの暗い色ではなく、渋みもほとんどありません。紅茶初心者だったら、「ティーポットで入れても、2杯目も渋みもなく、おいしくいただけるおいしい紅茶です。こんなに飲みやすいアッサム紅茶は初めてです。」と、絶賛するかもしれません。紅茶好きの人に、何も言わずにブラインドテストをすると、ほとんどの人が当たらないような、そんな常識を覆すようなアッサム紅茶です。当然、ミルクティーにはあいません。このような紅茶が、値段がついて日本の市場に出回っていること自体に驚くとともに、紅茶の世界の奥深さについて、非常に勉強になった一品でした。
10時3時の紅茶の品揃えは、ヌワラエリヤを除いて、ミルクティーにしてもおいしい紅茶を取り揃えています。残念ながら、今回のアッサムファーストフラッシュは、メニューとしての採用は見送りさせていただきました。これに懲りずに、またサンプルを送ってきてくださいね。一応はすべていただいていますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

袋町小学校運動会ただいま開催中

Undoukairsz 自由参加のパン食い競争は、12時前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »