« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

中掃除その2「床のWAXがけ」

きょうは、中掃除その2ということで「フローリングのWAXがけ」のご案内です。
これから雨の日が多くなってきます。お客様によっては、傘立てを使わずに、お店の中に濡れたままのビシャビシャの傘を、そのまま部屋の中に持ち込まれます。木の床に雨水は、どう考えても良くありません。早めに、6月の入梅入り前にWAXをかけておけば、あわてなくてもいいわけです。最近のWAXは、半年持ちますので、年に2回、5月と11月に実施します。忙しい12月には、なるべくやりたくないので・・・。

Waxrsz とある5月の水曜日に、朝早く7時半頃にお店に来ます。まず、店内のいすや机を、外の通路に全部出します。モップをかけ、一度濡れた雑巾で床をきれいにしておいて、少し乾かします(このとき朝食)。そのあと、2回WAXをかけて、机などを元の位置に戻します。各テナントさんが動き始める9時頃には、何事もなかったかのように終了。7坪ちょっとの小さなお店ですが、空っぽの空間って、結構広いものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

カマンベールフランスパン

最近、おいしいパンを発見して、ちょっとしたマイブーム。広島国際ホテルのそばのパン屋さんワンコインベーカリーの「カマンベールフランスパン」105円です。
Onecoinrsz やわらかめのフランスパンの中に、レアな状態のカマンベールチーズが入っています。それも大量に入っていて、チーズだけでも105円??と思わず心配してしまうような量です。見た目は丸っこいただのフランスパン。大きさは15cmX10cm弱位です。最近のパン屋さんの作るお品は脂っこい惣菜パンばかりで、マヨネーズやバターがたくさん入っていてあまり好みではないのですが、今回ご紹介しましたワンコインベーカリーのフランスパンの類と、早々に完売するここの食パンはおすすめです。ちなみに10時3時で使っていますサンドイッチ用12枚切り食パンは、ここで予約をして調達しているものです。ここのフランスパンにワインさえあれば最高の組み合わせで至福の時間を過ごせるはずなのに、店長ただいま禁酒中。

小麦価格が上がり、パン屋さんはさぞかし大変だろうというのは容易に想像ができます。
ご多分にもれず、ここのパンも5月下旬からパンの大きさが小さくなりました。
ワンコインベーカリーは、デオデオ本店そばのサンモールの入り口と、広島市安佐北区口田の矢口バス停そばにもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

袋町小学校の春の植木市

今朝、10時3時のお店のそばの袋町小学校で植木市がありました。年に2回、春と秋の恒例行事です。お値段もお手ごろ価格とあって、朝9時半ごろにいくと、かなりの人でした。今回は3鉢購入。
Hana2rsz これから暑くなるので、丈夫そうなケイトウの花。
熱帯地方が原産だそう。少々世話が不慣れでもいいかも。
Hana1rsz6月は、バラかなということで、ミニバラの鉢植え。つぼみの多い鉢を選んだので、これからのお楽しみ。
Hana3rsz 7月は、ラベンダーが似合うかなと思って、初めてですが室内のエアコンの効きが一番いいところにラベンダーを一鉢。すでに花がちらほらついていまして、ほんのりいい香りをさせています。

花が増えてきたら、フレッシュラベンダーのハーブティーをお出しできるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

おいしいキウイフルーツの見分け方

そろそろニュージーランド産キウイフルーツが出始めました。春から夏は輸入品、秋から冬は国内産と年中出回っていますが、今日はキウイフルーツの見分け方について。
Kiwirsz 写真の矢印のあたりをそっと指で押してみます。少しへこんでやわらかいようだったら食べ頃です。その頃は果肉も透明がかってきて、外観でも茶色い小さな毛の奥の、皮の緑色の部分が透けてきます。(この辺りは、メロンの場合と同じです。メロンも食べ頃になりますと、ネットの奥の皮の緑色の部分が透けてきます。)
もし、指で押して固いようだったら、そのまま室温で何日か置いてやわらかくなるまで待つか、追熟処理を行います。ビニール袋に固いキウイフルーツとりんごを入れて、ビニールの口を輪ゴムなどで止めて部屋に置いておきます。りんごからはエチレンガスというのが出ていて、このガスの影響でキウイフルーツが早く熟します。ビニール袋の内側には水蒸気がたくさんついて、「果物も呼吸しているんだなぁ」とよくわかります。この方法は、マンゴーやパパイヤなどでも効き目があるようです。やわらかくなったら、冷蔵庫に入れておきましょう。(固いキウイフルーツは、そのまま冷蔵庫に入れたら固いままです。)秋から出回る国内産は、出荷元によって追熟処理をしているものと、していないものとがあるようです。
昨年、おいしい柿の見分け方のところでご紹介しました、広島県福富町の祖父の家では、キウイフルーツも植えていました。毎年8月のお盆の頃になると、ピンポン玉くらいのキウイフルーツの実がなっていました。どうも素人栽培では、市販品のような大きな実にはならないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

おいしい木成り完熟みかん(甘夏マーマレードの作り方)

ようやく甘夏みかんの季節が来ました。今の時期に瀬戸内の島々をドライブすると、甘夏の実とみかんの花とが木々の合間に一緒に顔をのぞかせ、甘い香りを漂わせていることでしょう。
Amanatsukinarirsz 木成りみかんという言葉をご存知でしょうか?甘夏や八朔を、完熟するまでずっと木に成らせておくことです。越冬みかんとも言います。当たり前といえば、ごく当たり前のことですが、ずっと木に成らせると表面に傷がついたり、でこぼこになるので、見た目が良くありません。見た目が良くないと、スーパーなどではお客様が買わないのですね。この頃、あまりお見かけしなくなりました。一般的には、早めに収穫して見た目がきれいなみかんを、農協さんの倉庫に保管します。早めに収穫しているので、当然甘くなく酸味が強いです。しばらく倉庫に寝かせておくと、だんだんと酸味が抜けてきて、甘くもなく酸っぱくもなく、あまり特徴のない、表面ピカピカのきれいなみかんが出来上がります。市販されているほとんどの晩かん類のピカピカみかんは、このような流通過程を経てスーパーなどの店頭に並びます。一般消費者の購買意欲をそそるみかんですが、なんとおいしくないこと!
甘夏は、名前の通りの甘いんですよね。今の時期ならではの、木成り完熟の甘夏みかんをご堪能ください。

甘夏みかんのマーマレードの作り方
Amanatsursz 甘夏みかんのマーマレードは、やっぱり完熟ものでなければ甘夏独特の甘みが引き出せません。ぜひ完熟甘夏みかんを手に入れて、マーマレードにチャレンジしてください。
材料 甘夏・・・大きめのもの4個(約1400グラム)
    砂糖・・・甘夏の重さの50%(700グラム)
作業時間は3時間くらい。出来上がり量は1.2キロくらいです。
お砂糖50%でお作りしていますが、お砂糖控えめでも、完熟みかんならそんなに苦くはなりません。
作り方は、伊予柑のマーマレードの作り方と同じです。
伊予柑のマーマレードの作り方URL・・・
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_ae8b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

ファーストフラッシュダージリン 2008

Ffd2008rsz 大阪ムジカティーさんから、ダージリンの新茶が届きました。
現地の冬の寒さのため、新茶の時期も少し遅くなったようです。
ゴパルダラ茶園産、ストレート向けです。
お値段は、カップティー400円、ティーポット500円。
この値段は、どこと比べても安すぎかと思いますが、多くの方に本物の味と香りをご賞味いただきたいので、毎年こんな値段でお出ししています。

Cheesecakerszあわせまして、新ケーキのご紹介・・・レアチーズケーキ 150円。
ゴールデンウィークも終わり暑くなるかなぁと思って準備しましたが、ここ数日は暖房を入れるくらいに季節が逆戻り。あまり寒い日が続くようだと、レアチーズは一時休止するかもしれません。
レシピは10時3時のホームページに掲載しています。
10時3時ホームページURL・・・http://homepage3.nifty.com/tearoom1003/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

美味しんぼ 101巻「食の安全」

Photo 小学館のビックコミックスピリッツ連載の人気漫画の美味しんぼ。私が学生の頃からずっと続いているグルメ漫画です。最新刊の101巻は「食の安全」の特集。前半は、食品添加物を扱った安部司著「食品の裏側」の内容を、わかりやすく漫画にしたような感じです。「食品の裏側」も10時3時の店内に置いていますが、漫画のほうが読みやすいですとおっしゃるお客様には、この美味しんぼ101巻がいいでしょう。世の中の、嘘と誠がわかります。
美味しんぼ101巻の話の中で、新聞記者に海原雄山が放った「・・・日本の社会と食に徹底的に絶望することだ。」と言うきびしい台詞があります。皆様、この言葉の意味がわかりますか?私も過去に、日本と紅茶の現実に絶望しました。いまは、わずかながら、絶望しなくてもすむ世の中に変わりつつあるようですが・・・。

ここで10時3時のご提案する、究極の美味しいお店の探し方・・・
1.「食品の裏側」、または美味しんぼ101巻を購入します。
2.お目当ての飲食店、食料品店に行き、店長に 「この本を差し上げますので、お客様の手に届く書棚に置いていただけますか?」と言ってプレゼントします。
3.店長の反応をみます。
  「もう置いています。いい本ですね。」と言われる。
  「一度読んでから。」と言って、後日、書棚に置いてある。
  「一度読んでから。」と言って、後日、返却される。
  「理想と現実は・・・」と言って、丁重ににお断りされる。   などなど。
あなたは、どのお店に通いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

ウルトラマン

ゴールデンウィークにご来店の袋町小学校2年生あきひと君の作品です。
Ultramanrsz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

新メニュー「アップルクランブル」

今年に入り、イギリスのお菓子をご紹介していますが、きょうはその4回目。アップルクランブル(Apple crumble)は、りんごの上にほろほろしたクッキ-生地がのっているケーキです。ぜひお試しください。お値段は100円です。
Applecrumblersz どのレシピをみても簡単に作れると書いてあるのですが、10時3時のお店メニューにするには、ちょっと難しい面がありました。クランブルのそぼろ状のクッキー生地を作るときに、バターが冷えているうちに集中して作れれば大丈夫なのです。が、なにかと平行作業をしつつ片手間の作業だったら、ちょっと目を離すだけでバターの温度が上がり、あっという間に団子状態に。バターの量が多い(つまり、1回分の生地の量が多い)と、全体の生地がそぼろ状になるまで時間がかかってしまうので難しいようです。
イギリスのお菓子シリーズは、お客さまにかなり好評です。ケーキ店の品揃えにないイートインならではのお菓子、これまで味わったことのない食感、材料のシンプルさ(おおざっぱさ)がいいようです。お菓子の世界も奥が深いですね。
レシピは10時3時のホームページに掲載しています。
10時3時ホームページURL・・・http://homepage3.nifty.com/tearoom1003/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »