« 新メニュー「瀬戸田のオレンジコトコトチャイ」 | トップページ | 今年が最後かも? フォション「さくら紅茶」 »

2008年3月24日 (月)

ネーブルオレンジのマーマレード(電子レンジ簡単レシピ)

Navel1rsz きょうは、ネーブルオレンジのマーマレードをお作りします。
ネーブルオレンジのマーマレードも、伊予柑のときと同じように甘口に仕上がります。ネーブルオレンジは、大きくて橙色の濃いもの、香りの良いものを選びます。今回は、広島県瀬戸田町から直送の国産ネーブルを使います。マーマレードは皮を使いますので、表面の皮は良く洗っておきましょう。

Navel2rszNavel3rsz材料
ネーブルオレンジ・・・中サイズ4個(約1キロ)
砂糖・・・ネーブルの重さの50%(500グラム)
作り方 
1.ネーブルは皮と実に分けます。皮は、ネーブルの表面を薄くスライスするような感じで切り取り、千切りにし、用意した砂糖の半量の砂糖を混ぜ、1時間くらいなじませます。Navel4rsz
Navel5rsz 2.実の果肉と薄皮を取り分けます。ネーブルは薄皮が複雑に果肉の中に入り混じっていますので、少し面倒な作業です。簡単に済ませるには、実を粗く刻んで軽くミキサーにかけ、粗い網でこしましょう。薄皮が気にならなければそのままで。
3.2の薄皮は、そのまま捨てるにはもったいないので果汁を絞ります。ゆずのマーマレードのときに使用しました小鳥の形のレモン絞り器をお勧めします。なければ、スプーンなどを薄皮に押しつけて果汁を取り出しましょう。
4.2の果肉に、3の果汁と砂糖の残り全部を加え、かき混ぜます。
5.1を耐熱容器、または丼鉢に入れ、レンジ強(600W)で5分かけます。
6.4も同様に、耐熱容器、または丼鉢に入れ、レンジ強(600W)で5分かけます。
Navel6rsz 7.5と6をあわせ、再びレンジ強(600W)で5分かけ、表面に浮いてきたあくを取ります。
8.7をレンジ弱(200W)で10分かけます。だんだんと果肉がほぐれ、薄皮の取りきれなかったところが分離されてきますので、できる限り取り去ります。
9.8を、再びレンジ弱(200W)で40分くらいかけ、時々かき混ぜます。固まり具合は、果汁の量で大きく変わります。40分は目安の時間です。最後の5分くらいはよく混ぜながら、果汁の減り具合を確認しましょう。途中、お好みで砂糖を追加します。(砂糖を追加しますと固まりやすくなり、また、水分が減るごとに糖度も増します。)
Naveljamrsz 10.最後に残った果汁がチョッと多いかなと思うくらいでレンジの作業を終了しましょう。出来上がり量は、400グラムくらいです。
ネーブルオレンジは、果汁が多いので、マーマレードに仕上げるには電子レンジより鍋のほうが手っ取り早いです。(作り方7で、5と6の材料を鍋に入れ中火で煮ます。目安は30分くらいです。)が、電子レンジの作業ならレンジにかけている途中でも少しはその場を離れることができるので、大変便利です。ただ、果汁の量で仕上がる時間が大幅に変わってきますので、最後の5分くらいは、状態をよく見ながら作業をしましょう。40分でも、まだ果汁が多いようでしたら、レンジ弱(200W)で5分づつ追加をして様子を見ましょう。

|

« 新メニュー「瀬戸田のオレンジコトコトチャイ」 | トップページ | 今年が最後かも? フォション「さくら紅茶」 »

手作りジャムの作り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/17600429

この記事へのトラックバック一覧です: ネーブルオレンジのマーマレード(電子レンジ簡単レシピ):

« 新メニュー「瀬戸田のオレンジコトコトチャイ」 | トップページ | 今年が最後かも? フォション「さくら紅茶」 »