« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

新メニュー「はちみつロールケーキ」

Honyerollrsz 明日から3月ですね。春の新ケーキのご紹介です。
はちみつロールケーキ。純粋はちみつを贅沢に使ったふわふわロール生地に、はちみつと発酵バターを練り合わせたクリームをはさんでいます。はちみつとバターって相性が抜群にいいんですよね。ぜひ、お楽しみください。お値段は150円です。
レシピは10時3時のホームページに掲載しています。
10時3時ホームページURL・・・http://homepage3.nifty.com/tearoom1003/

BLOG画面の横のパーツに、「検索フレーズランキング」の欄を加えました。レアな情報にアクセスが集中するようです。クリックすると、同じフレーズでニフティーの検索画面にジャンプします。お時間がありましたら、遊んでみられてください。
また、「サイト内検索機能」も追加しましたので、あわせてご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

だいじょうぶですか?いろいろ

お客様から「だいじょうぶですか?」と、よくご質問があります。
大変便利の良い言葉ですが、答える私としては、その場の状況やお話の前後関係を理解する必要があります。ほとんどはだいじょうぶです。
例1.お会計のとき、1万円札を出されて、「(両替は)だいじょうぶですか?」
 ・・・「近くに駐車場もあり、両替も喫茶店の仕事のうちなので、だいじょうぶです。」
例2.夕方にご来店のお客様が、お店の入り口付近で「(まだ)だいじょうぶですか?」
 ・・・「午後3時は、お店の名前ですので、だいじょうぶです。」
例3.夜にご来店のお客様がメニューを見て「(サンドイッチは)だいじょうぶですか?」
 ・・・「時間帯に関係なく、常にお客様には平等なサービスを心がけてますので、だいじょうぶです。当店では早い者勝ちルールを適用していますので、パンなどがなくなったらおしまいになりますが。」
例4.初めてのお客様が、メニューのいちごミルクティーを見て「だいじょうぶですか?」
 ・・・「スーパーなどに、いちごが並んでいるときは、だいたいだいじょうぶです。」
   ただ、いちごが甘くない場合は、「お砂糖を入れていただきますとおいしくなります。」と出来上がりの紅茶をテーブルにお持ちするときに一言お申し添えをします。
例5.紅茶大好きの常連さんが、「いちごミルクティーは、だいじょうぶですか?」
 ・・・この場合は、例4とは違った答えになります。「いちごミルクティーは、いちごの品質がストレートに表現される紅茶です。冬空のもとで甘いいちごが実るとは思えませんので、可能でしたら4月以降のご利用をおすすめします。」という答えになります。
例6.お客様が、紅茶に添えてお出ししたミルク入れを見て、「ミルクは、だいじょうぶです。」
 ・・・「お心づかいをありがとうございます。」とミルクを厨房へお下げします。お客様の中には全く使わないミルクをそのままにして、タバコの灰まみれになっても気を止めない方々もいらっしゃいますので。
例7.「ケーキはご入用ですか?」という私からの問いに、「ケーキは、だいじょうぶです。」
 ・・・ちょっとへんな日本語ですね。ダイエット中なのか、お腹いっぱいなのかは定かではありませんが、「わかりました。」と、お飲み物のみをおつくりします。
例8.空いている4人席のテーブルを指して「だいじょうぶですか?」
 ・・・「ご自由に。ただ、後で移動をお願いするかもしれません。」とお答えします。どこに座るかはお客様しだいなのですが、後で大勢の団体さんがご来店された場合には、お席の移動をお願いしています。広島には、相席という言葉はなく、譲り合いという精神もありません。JR山陽線の列車内を見ると良くわかります。広島では、いい場所を占領したら後は大概は知らん顔で、お客様自らが交代を申し出るという場面には、めったにお目にかかりません。
例9.店長が寝ている時、お客様が「だいじょうぶですか?」
 ・・・「だいじょうぶです。申し訳ありません。」このやり取りがいちばん文法的にもあっているように思います。たまに体の調子が悪いときがありますので、お声をかけていただけたらありがたく思います。
と、いうことで、ほとんどは「だいじょうぶです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

飲食店は予熱しだい

「家でコーヒーを入れるとすぐに冷めてしまうのに、ここのコーヒーはずっと温かいですね。なぜですか?」と、男性のお客様よりご質問がありました。
コーヒーの専門店、たとえば広島市中区宝町てらにし珈琲店では、肉厚で重たいマグカップに入った温かいコーヒーが、テーブルに運ばれてきます。ここにヒントがあります。
温かいお飲み物を冷めにくくする方法は、肉厚のカップを使って、しっかりとカップの予熱をすることです。特に冬場は予熱をしっかりと。予熱不足のときは、肉厚のカップは逆効果で、コーヒーなどのお飲み物の熱をカップが吸収しますので、あつあつのコーヒーをいれてもすぐに冷めてしまいます。
大きくて重たいものは、温まりにくく、冷めにくい。これは小学校の理科の授業で習いますね。
紅茶をつくるときはティーポットの予熱が大変重要なのですが、このことがまさに当てはまります。ティーポットの予熱が不足していますと、いくら100℃の熱湯を入れたところで、ティーポットがお湯の熱をすばやく吸収してしまい、ポット内の湯温が急激に下がります。これでは、せっかく高級茶葉を使っても、おいしい紅茶は抽出できません。特に、ボーンチャイナ等の重たいティーポットは温まりにくいので、しっかりと予熱をすることが必要です。おいしい紅茶が出来たときは、最初の一口目が大変熱く感じられます。紅茶で「地獄のように熱くして」といわれるのは、予熱をしっかりとして、100℃の熱湯を使って、できるだけ仕上がりが熱くなるようにしましょうということなのです。また、ティーポットの大きさに応じた、適正な量の紅茶をつくることも重要です。大きなティーポットに、少しの量の紅茶しかつくらなければ、やはり出来上がりの紅茶は熱くはなりません。
余談ですが、広島名物お好み焼きのおいしさの一因に、お店の鉄板の厚さがあるそうです。鉄板が厚いほど、お好み焼きの枚数が多くなっても鉄板の温度が下がりにくく上手に焼けるそうです。ただし、温まりにくいので、開店準備に時間がかかるそうです。(おいしいお好み焼きのお店・・・広島市中区お好み村2階 新ちゃん談)
この目に見えない予熱の具合こそが、紅茶、コーヒー、飲食業で大変に重要なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

金柑の甘露煮

今回は、金柑の甘露煮をご紹介します。
水を使いますので、あまり日持ちがしません。ご注意ください。
材料 金柑・・・1パック(約300グラム)
    砂糖・・・金柑の重さの33%(100グラム)
    水 ・・・400ccくらい
Kinkan2rsz作り方 1.金柑の表面をよく洗って、ヘタをとります。
2.表面の皮に、縦に包丁で切れ目を6箇所くらい入れ、金柑の上下をつぶして種をはじき出します。(または、楊枝を使って種を取りだします。)
3.鍋に2を入れ、金柑がちょうどかぶるくらいの水を入れ、中火にかけます。
4.沸騰したら、弱火にして20分くらい煮て、あくをすくいます。
5.水を追加して金柑がちょうどかぶるくらいにし、砂糖を入れ、弱火で30分くらい煮ます。
6.金柑の果肉が透明になってきて、水位が半分くらいになれば火を止めます。
Kinkansyruprsz 出来上がりは、金柑とシロップをあわせて300ccくらいです。このままだと味が強すぎる感じがしますが、お湯に溶かしてのむとちょうどいい甘さになります。出来上がった甘露煮2個くらいをカップに入れ、お湯を注いでいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

金柑のマーマレード(電子レンジ簡単レシピ)

Kinkan1rsz きょうは、金柑を使ったマーマレードをご紹介します。
金柑は、全体がムラなく橙色のものを。大きめのものが扱いやすいです。今回は宮崎産の金柑を使いました。煮る時間もごくわずかで簡単なので、風邪ひきさんになる前に作っておくと重宝します。金柑の量が少ないときには、鍋よりも電子レンジのほうが、作りやすいでしょう。

材料  金柑・・・1パック(約300グラム)
    砂糖・・・金柑の重さの33%(100グラム)
Kinkan3rsz作り方 1.金柑の表面をよく洗って、ヘタをとります。
2.表面の皮を包丁でそぎ落とし、皮だけにします。(縦に半分に切って、中をくりぬいてもいいです。)時間のある方は、マーマレードらしく千切りにするのもいいでしょう。
3.2を鍋に入れ、砂糖をまぶして1時間ほどなじませます。時間のない方は、少量のお湯で砂糖を溶かし、1時間を待たずに火にかけます。(10時3時では、ジャムを作るときは、基本的には果物の果汁が染み出てくるのを待ってから火にかけます。茹でこぼしもしません。)
Kinkan5rsz 4.3を、中火にかけます。沸騰してきたら、弱火にして浮き上がってくるあくを丁寧にすくいます。あくは、水気があるうちでしかすくえませんので、この作業は手早くやります。
5.鍋全体があわ立ち、ねっとりしてきて、金柑が透き通ってきたら出来上がりです。少し水気が残るくらいで火を止めます。出来上がったときのマーマレードの透明感のある色には、いつも感心させられます。
Kinkan6rsz出来上がりは、150グラムくらいです。火にかける時間は、作業前の金柑300グラムだと、10分間くらいでしょう。出来上がったマーマレードをお湯に溶かして飲む場合は、仕上がり具合は、ゆるめでいいので、火にかける時間は5~6分といったところでしょうか。もともと金柑は、そのままかじって食べることのできる果物なので、軽く火が通ればいいのです。
短時間で仕上がるので、途中でお砂糖を追加したいときはお早めに。金柑の味見をする場合は、予想外に熱いので、やけどをしないようにお気をつけてください。
出来上がった金柑を、紅茶に入れるとおいしいロシアンティーになります。10時3時の開店当時から続く、冬季人気メニューです。茶葉は、ニルギリやディンブラなどの軽めの紅茶がよく合います。

(電子レンジを使った場合の作り方)
材料と、1と2は、同じです。
3.2を耐熱容器、または丼鉢に入れ砂糖をまぶし、レンジ強(600W)で3分かけます。
4.浮き上がってくるあくを丁寧にすくい、レンジ弱(200W)で10分かけ、時々かき混ぜます。マーマレードをお湯に溶かして飲む場合は、これで終了。
5.パンに塗るぐらいの固さにするには、さらにレンジ弱(200W)で5分かけ、様子を見ます。余熱で固まりますし、冷えると固くなるので少し水気が残るぐらいで終了します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 9日 (土)

新メニュー「ホットチョコレートドリンク」

そろそろ、バレンタインのチョコレートが気になる時期になりました。
寒い日には、ホットココアが紅茶のオーダーを上回る10時3時ではありますが、つい最近知った話では、ヨーロッパ各国では、ココアなるメニューはないそうです。代わりにあるのが「ホットチョコレート」。何年か前に、コンビニに並んでいた北海道ロイズ社の冷たいチョコレートドリンクを飲んだことがありますが、それの温かいバージョンでしょうか。調べて作ってみました。
以下は、J.スタインガーデン著「やっぱりおいしいものがすき」文春文庫より。
ミルク      100cc
水         10cc
グラニュー糖  10グラム
ビターチョコ   25グラム
ココアパウダー  7グラム
作り方 1.ミルク、水、グラニュー糖を鍋に入れて中火で煮立たせます。
     2.1に、刻んだチョコを入れ、溶かします。
     3.2に、ココアパウダーをいれ、ハンドミキサーなどでよくかき混ぜます。
本の中にはもっと細かいことが記されてますが、ざっとこんな感じです。これはフランス・パリの有名店ピエールエルメさんが著者スタインガーデンさんに教えてくれたレシピだそうです。実際にこの分量で作りますと、とても濃い飲み物になりますので、日本人向けに少しアレンジして、クッキングスクール24期生有志そのほかの皆様に試飲していただきながら、ようやくメニュー化の運びとなりました。
10時3時での分量は・・・
ミルク      150cc
水         30cc
グラニュー糖   4グラム
ビターチョコ   16グラム
ココアパウダー  4グラム
Chocodrinkrsz作り方の手順は、少し違いますが、10時3時では出来上がったホットチョコレートの上に生クリームをのせていただきます。お値段は500円です。500円がお値打ち価格かどうかは、お客様のご判断にお任せします。

ピエールエルメさんは、2005年に東京青山に出店しています。
URL・・・http://www.pierreherme.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

恐羅漢スキー場

昨日は、広島県の恐羅漢スキー場の行方不明者捜索のニュースを聞き、落ち着かない1日でした。
私、かれこれ20年以上前ですが、学生時代はワンダーフォーゲル・スキー部とクラブに所属していました。春から秋までは山登り、冬はスキーで、ホームゲレンデがこの恐羅漢スキー場だったのです。年間で2週間くらい、民宿そばの山小屋で自炊生活をしながらの部活でした。スキー場、そこまでの車の運転ともども上級者向けで、普通の人が気軽に行くようなところではありませんが、初心者やファミリーの少ない分、練習はしっかりできるスキー場です。
そのスキー合宿の時に、熱血顧問のK先生の提案で、1回だけ冬用テントで寝るという経験をしました。冬用テントといっても布きれ3枚隔てると、マイナス10度の銀世界。いくら着込んでいても、寒さで一晩中ほとんど寝れす、朝になりほっとした記憶があります。これでもテントの中は、屋外にいるよりかは、風が入らない分、条件としてはいいのでしょうが。
皆さん、もし万が一、冬の雪山で遭難したらどうしますか?視界不良で現在地もわからなくなったら、日が明るいうちに、雪洞を掘ることをおすすめします。スキー板かスノボの板があれば、掘りやすいです。雪かきをした事のある方はご存知でしょうが、雪は結構重たいです。地面に向かって下向きに掘ると、掘った雪を持ち上げる格好になるので重労働です。積雪が今回のように2m近くあれば、雪の斜面を横に向かって掘っていきます。また、掘るときは、入り口から風が入り込まないように方向に気をつけて。恐羅漢では、夕方4時頃には暗くなり始めます。早めに決断して、歩き回らずに雪洞にもぐりこみ、入り口を塞いで風対策。体温が下がるので雪は食べてはいけません。お菓子があればちょっとづつ食べて、天候回復に向けて体力を温存しましょう。
今のところ、朗報が届きません。7名の無事を心よりお祈りしています。

追記・・7名全員の無事が確認されたそうです。捜索に携わった関係者の皆様、本当に寒いなか、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

新メニュー「ダブルチョコケーキ」

Wchocorsz 今日から2月ですね。
毎年2月には、新しいチョコレートのケーキをお出ししています。
今年のケーキは「ダブルチョコケーキ」。チョコレート生地の中に、チョコチップを入れて焼き上げています。お値段は、1ピース150円。チョコ大好き人間には、たまらないおいしさです。ぜひご賞味くださいませ。

前にご紹介しました、「フラップジャックス」と今回のケーキのレシピをホームページにUPしました。これでケーキレシピは、合計で12種類になりました。
10時3時ホームページURL・・・http://homepage3.nifty.com/tearoom1003/

ひとつお知らせです。
誠に恐れ入りますが、明日2月2日から、諸般の事情により、毎週土曜日の営業を、お昼の2時からとさせていただきます。(病院、買い物など)用件が早く終われば、早めにお店を開けようと思います。どうしても、土曜日の午前中でないと・・・とおっしゃる方は、前日までにお電話、メールなどでご連絡いただけたらと思います。(当日は対応が取れませんので、前日までに。)よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »