« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月30日 (日)

中掃除X4=大掃除

今年も残り2日となりました。もう大掃除はお済でしょうか?
10時3時では、例年12月31日夜10時まで通常営業のため、これといった大きな掃除は年末にはやりません。安くなった洗剤などを買っておく程度でしょう。掃除は年間のスケジュールを組んで実施し、大掃除の内容は、11月から2時間程度の中掃除を4回に分けて行っています。わざわざ年末の寒いときを選んで掃除をすることもないわけです。
年末年始には、遠方から広島に帰省され、10時3時にお立ち寄りになられるお客様が多くいらっしゃいます。数少ないご来店の機会に、気持ちよくお過ごしいただけるように、毎年1月1日のみをお休みにしています。

12月31日夜10時まで通常営業です。
 1月 1日・・・お休みします。
 1月 2日朝10時から通常営業です。先着100名さまにはお年玉(?)があります。

2007年で一番の出来事は、パソコンを始めたことでしょうか。新しいことにチャレンジすると、色々と世界が広がりますね。少しは文字入力のスピードも速くなった気がします。個人的には、6月からの完全禁煙(ドクターストップ)、12月からの禁酒(これまた別のドクターより)。エコーやわかばのタバコを吸っていたので完全にタバコをやめるのには丸1年かかりました。この1ヶ月はお酒もなし。2008年のお正月はお酒抜きになりそうです。
それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

おいしいみかんの見分け方(箱買いの時)

年末になると、みかん1ケースを箱買いすることもあるかと思います。今日は、みかん箱の等級の見方についてお話します。が、全国的には統一されていませんので、このBLOGでの内容は、広島産のみかん、ぶどうに限定します。詳しいことは、ご近所の親切な果物屋さんにお尋ねください。あまりいい顔はされないですが、よく買い物をされる常連さんだったら教えてくれるでしょう。
等級は、大きく3つに分かれます。
赤秀・・・秀というスタンプが赤インクで押してあるもの。あかしゅうと呼んでいます。
青秀・・・           青インクで押してあるもの。あおしゅうと呼んでいます。
無地・・・枠の中に何もスタンプが押されていないもの。むじ=規格外商品です。
Ootyoo2赤秀、青秀の文字は、スーパーユアーズの広告にたまに出てきますので、見たことのある方も多いかと思います。でも意味合いまでは広告には書いてありません。要は、果物を選果するときに光センサーという便利なものがあって、みかんの糖度などがわかるので甘くて良いほうを赤秀に入れます、ということです。赤秀の箱は、お歳暮などの贈答品に用いられ、高値で取引されます。
青秀の箱は、糖度が低い、形が悪いなどで、おもに店頭でのカゴ盛り(8個で298円など)に用いられます。時折、形が悪いだけでとても甘いラッキーなときもあります。
Ootyoo1 無地は、大安売りや、ビニール袋つめ放題などに使われます。また、収穫量が極端に少なくて、箱に分けるほど収穫できないときも無地になります。このようなときの無地の箱には、大小混在ですが、とても甘い掘り出し物があったりします。
贈答品として箱のまま買う場合は、やはり一度箱をあけてから傷みがないか確認するほうが良いでしょう。スーパーだと難しいでしょうが、果物専門店や個人商店だったら、レジ精算の前に頼んでみましょう。みかん1個1個を確認した後で、大きなホッチキスでふたを閉じてくれます。
それにしても、デジカメ写真お断りの果物屋さんには参りました。この情報公開時代に、写真に写るといけないものがあるのでしょうか?
10時3時では、デジカメOKですのでご遠慮なくどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

おいしいみかんの見分け方

Mikan2resize そろそろコタツとみかんの季節ですね。今日は、おいしいみかんの見分け方です。いろいろなチェックポイントがありますので徐々に覚えていきましょう。最も良い方法は、毎日1個をよく観察しながら食べることです。大きさ、形、色、固さ、皮のやわらかさ、しわや日焼けの具合、ヘタの色や切り口の大きさなどなど・・・。一冬越すあたりになりますと、みかんを手に持っただけでわかるようになります。
1.橙色の濃いもの。ごく早生みかんは、緑色で甘いものもありますが、一般的には、橙色の薄いみかんは味も薄く水っぽいです。
Mikan1resize 2.扁平のもの。みかんは最初は縦長に成長し、秋から横方向に成長します。まん丸で完熟する品種もありますが、まん丸よりも横方向に伸び、お尻(ヘタの反対方向)がすこし引っ込んでいる扁平のものが良いでしょう。(写真の右側です。)
3.弾力性のあるもの。みかんを手に持ったときの感触が、少しやわらかく弾力性のあるものが良いでしょう。まん丸のみかんで皮が固く張っているみかんは、成長途中で酸っぱいことが多いです。
4.ヘタの切り口が細いもの。切り口が太いみかんは、太い幹になったみかんで味も大味です。
5.皮にしわがあるみかん。みかんは、地面にシートを敷いて水分をある程度制限して育てたほうが、甘いみかんになります。夏に少雨、水不足を経験した年は、収量が少なく高値になりますが、皮にしわがある小粒の甘いみかんが多く出回ります。このようなみかんは、菊のような模様から「菊みかん」と呼ばれます。
6.ヘタの色が黄色っぽく枯れていないもの。みかんが完熟すると、ヘタが緑色から黄色っぽい色に変わるそうです。また、店頭で日にちが経つにつれて、ヘタが枯れてきます。
7.みかん狩りのときは、木の上下は避けて、真ん中あたりのみかんを。また枝の先端のみかんで、みかんのそばに葉っぱがあるものを。葉っぱが光合成をして作った栄養分が、みかんに蓄えられます。(りんごも同様で、葉っぱの影で表面の赤い色が部分的に薄くなったりんごは、「葉とらずりんご」と言って、意外と甘いものです。)
スーパーや果物屋で、みかん1ケースを箱買いする時の方法は、次回にご説明します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

新メニュー「バノフィーパイ」

Bano6rsz きょうは新しいメニューのご紹介です。南イングランド地方のお菓子「バノフィーパイ(Banoffi Pie)」は、バナナ(banana)入りのキャラメルのお菓子トフィー(toffee)です。加糖煉乳を加熱してつくるトフィーは、ずっと昔にスリランカの方と一緒にお作りしたことがあります。そのときは、煉乳の缶を開けてフライパンに移し、さらに砂糖を加えて火にかけてねっとりするまで加熱するという作り方でした。出来上がりのキャラメルトフィーはおいしかったのですが、フライパンの後片付けが大変で、それっきり作らなくなりました。
今回のバノフィーパイは、少し簡単な作り方がわかったので、めでたくメニュー化の運びとなりました。このままでも十分に甘いのですが、正式には、さらに生クリームを上乗せしていただくそうです。甘党の皆様、ぜひご賞味くださいませ。
作り方の詳細は、10時3時のホームページに掲載しました。よろしければご覧ください。
10時3時ホームページURL・・・http://homepage3.nifty.com/tearoom1003/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

情報公開の店

12月のある日のお客様との会話より。

「ここのケーキは手作りですか?」
「はい。そうです。」
「全部ですか?」
「はい。全部手作りです。」
「おすすめのケーキはどれですか?」
「季節のケーキですね。もうすぐ西洋梨のケーキは終了になります。」
「あっさりしたケーキは・・・?」
「チーズケーキが比較的あっさりしていると思います。」
「バターケーキはどうですか?」
「バターケーキはバターがたっぷり入っていますので、あっさりとはしていませんが・・・」
「どちらがお砂糖の量が多いですか?」
「チーズケーキ、バターケーキともに、1ホールあたり60グラム入っています。」
「バターはどれくらい入っていますか?」
「バターケーキは、よくパウンドケーキと呼ばれます。バターとお砂糖は同量です。」
「バターは特殊なバターですか?」
「いいえ。ごく普通の市販のバターです。発酵バターのような特殊なバターは、ケーキ店ではないので使用しておりません。」
「ハニーカステラは、蜂蜜がたくさん入っているからハニーですか?」
「1ホールあたり、30グラムを使用します。が、12分割にしますので、1切れあたりでは2.5グラムで、あまる気にする量ではないかと思いますが・・・」
「スコーンはありますか?」
「はい。」
「手作りですか。」
「はい。そうです。」
「ジャムも手作りなのですか?」
「はい。そうです。」
「今日は何のジャムがありますか?」
「紅玉りんご、本かりん、西洋梨ゼネラルレクラークの3種類です。」
「スコーンは、お砂糖はどれくらい入っていますか?」
「生地全体で110グラムを使いますが、30分割にしますので1個あたりは4グラム弱です。」
「ジャムをつけて食べるんですよね。」
「ジャムはスコーンの横に添えてお出ししますが、必要量だけお使いになられたらよろしいかと・・・」
「この中で一番カロリーの少ないのはどれですか?」
「誠に申し訳ありませんが、1個1個をカロリー計算をして作っているわけではないので。バターとお砂糖の量からすると、ハニーカステラが一番少ないかと思いますが・・・」
「・・・どれもおいしそうね。困ったわねぇ。」
「・・・・・・」
しばし沈黙の後、
「今さっきね、大福もちを食べてきたばっかりなのょ。どうしよう・・・」
「・・・・・・」

「先にお飲み物をおつくりしましょうか?」
「そうしましょうか。今おすすめの紅茶は何ですか?」
「季節の紅茶は・・・・」
・・・・・・・・・・・・

このように延々と会話がつづきますが、お客様からのご質問には可能な限りお答えします。ただ、この会話のあいだ、厨房内の全作業がSTOPします。店長がひまそうなときに、お声をおかけください。
情報公開の店。10時3時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

「ティーコミュニケーションネットワーク」リンク集

12月3日付BLOGでご紹介しました「ティーコミュニケーションネットワーク」のリンク集をおつくりしました。場所は、10時3時ホームページのトップページ下です。
URL・・・http://homepage3.nifty.com/tearoom1003/#tea_com_net
ティーコミュニケーションネットワーク事務局の方針としましては、人と人とのふれあい、温かさを大切にしたいので、インターネットでの公開はせず、ショップリストをお客様に直接お渡ししてください、とのことです。が、お客様がお探しのお店にたどり着けないことには、新しい出会いもふれあいも生まれないわけで、お店探しのお手伝いとしてリンク集をおつくりしました。また、ショップリスト掲載のお店は、関西地区が半分以上を占めていて、リストに掲載されていない県の人にも見ていただけたら、新しいお店も開拓できるのではないでしょうか。
初めての知らない土地で、お店を探すのは、思いのほか大変です。真夏の暑い中、道に迷い結局あきらめたり、たどりついても臨時休業だったり、ひどいときにはその日に限って「貸し切り」で入れてもらえなかったり、何度も経験済みです。本人にとって、もしかしたらその場所を訪れるのは、最初で最後のかもしれないのです。貴重な時間を無駄にしないためにも、リンク集をぜひご利用ください。(あと、少しこまごましたことを、リンク集の一番最後に補足説明として書いていますので、お時間がありましたらご一読いただけたらと思います。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

12月12日は開店記念日

きょうは、10時3時の12周年の開店記念日です。
イチ、ニ、イチ、ニと、なかなか前に進まない店ですが、あっという間の12年です。
開店記念日にいつも思い出すのは、開店前日の広島テレビ「テレビ宣言」の収録のときのスタッフの方の言葉です。・・・「色々なお店に取材に行きますが、10年続く店は本当に少ないです。」と。
うちの店のすぐ近くのローソンの2軒となりのイタリア風エスプレッソの店「チェントロカフェ」が11月で閉店されました。1年半です。広島市市民交流プラザの玄関の真正面で、立地条件として申し分のない場所。イタリアまでカフェの勉強をしに行かれて、全国チェーンのカフェのエスプレッソとは違うんですよと、力説されていましたのにもったいないなぁ。
長くお店をしていますと、お店の周りの環境や、お客様の好みも少しづつ変わってきます。そのときのトレンド(流行)もうまく取り入れながら新しいものも追っかけつつ、でも基本ははずせない、というなんとも厄介な課題に直面します。日常業務もこなしていて、大変といえば大変、面白いといえば面白い世界です。人間って、切羽詰らないとなかなか動けませんが、詰まってしまったときは、考えようによっては、新しい世界に入れるいいタイミングです。10時3時の例で言いますと、ケーキ、特許、パソコンなど、開店当時は全く念頭になかったものばかりです。
Hamcheersz さて今年は、12周年のお客様感謝セールとしまして、12月31日まで、ハムチーズサンド(通常価格280円)を、半額の140円でご奉仕。皆様のご来店をお待ちしています。なんといっても、お客様の支えがかあってのお店ですから。

遅ればせながら、QRコードを追加しました。ご利用くださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

広島にライトアップは必要か?

Lightup1rsz 毎年の恒例行事になりましたが、平和大通りでは、年末までドリミネーションと称しておとぎの国を模した電球の飾りつけがおこなわれています。広島を代表する多くの企業も、スポンサーとして参加されていて、年を重ねるごとに大規模になっていますが・・・。
仙台や札幌の真似事にしか見えない、この広島のライトアップは本当に必要でしょうか?
仙台の光のページェントは、ショッピング街と大通りが接近しているので、街全体が盛り上げていてとってもいい感じ。札幌大通り公園の電飾も、どんよりとした雪雲を払いのけるような元気がわいてきます。
Lightup2rsz 広島の平和大通りは、ショッピング街と離れていますし、デジカメ撮影の人たちだけが異様に盛り上がっているようです。広島人は、あてがわれているものでしか遊びを見出せないのでしょうか。
晴天率が高く、ほとんど雪も降らない広島には、電飾は必要ありません。LEDも少しは混ざっているようですが、電気の無駄使いで、なによりも地球温暖化対策に逆行しています。冬の夜は、デジカメには写らないでしょうが、満天の星空を見るほうがよっぽどきれいですょ。12月13~15日は、流れ星のたくさん見える「ふたご座流星群」の日です。今年は月明かりの影響も少なく、期待できそうです。詳しくは国立天文台HPで。
URL・・・http://www.nao.ac.jp/phenomena/20071212/index.html
Kouyou2rsz  平和大通りの散策でしたら、朝がおすすめです。
案外と落葉樹が多く、日々の変化にあきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

0.99999・・・=1?

今年の2月頃から、広島市中央図書館に通いつめています。きっかけは、パソコンのお勉強ですが、最近は小説から新刊本まで色々とまぜこぜで借りています。2週間で5冊のペースですので、そろそろ100冊くらいにはなるでしょう。
今週、借りています養老孟司・佐治晴夫著「わかることはかわること」のなかで、数学のチョッと面白い式が載っていましたのでご紹介します。こんなことがあっていいのでしょうか?

X=0.9999999・・・とする。
両辺を10倍すると、  10X=9.9999999・・・
両辺からXを引くと、10X-X=9.9999999・・・-X
X=0.9999999・・・だから、
               9X=9.9999999・・・-0.9999999・・・
               9X=9
                X=1
最初はX=0.9999999・・・なのに結果として、X=1になってしまいます。
これをドイツの数学者の名前から「デデキントの切断」というそうです。

「デデキントの切断」は、大学の数学の授業内容だそうですが、大学出でない私的には初耳で、びっくり仰天でした。イメージとしては分かるのです。結局は接近している数値に一致するということですよね。でも、これだと小学校の算数の反比例の授業のときに困るのではと思うのです。
反比例の式は、XかけるY=1 です。グラフを書くと、Xが大きくなると、Yが限りなく0に近づきますけども、絶対に0にはならないと教わります。X軸を小学校の教室いっぱいに伸ばしても、東京まで伸ばしても、グラフの線はX軸には引っ付かないですと習いましたが、「デデキント」さんによれば最後は0になるのです。すると困ったことに、
ここでXを無限大と仮定しても、 無限大かける0=1 
何かの数値に0を掛けたものが1になるなんて、これを、どのように理解しましょうか?
もし分かる人がいらっしゃいましたら、お教えいただきたいのですが・・・。よろしくお願いします。何か、無から有が生まれたような、地球に生命が誕生したような一大事なのです。
Kouyou1rsz 写真は中央図書館付近の紅葉の風景です。
例年よりも遅い紅葉です。
    

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

「ティーコミュニケーションネットワーク」その2

8月のBLOGでご紹介しました「普通のお茶が普通に飲める」お店で作るティーコミュニケーションネットワーク。ようやくショップリストができました。
Tcnrsz 関西中心の合計70店舗くらいが紹介されています。有名どころでは、大阪のムジカティー、藤沢のディンブラなど。広島では、10時3時とムッシムパネンさんが掲載されています。今のところは、紙媒体のみです。ティーコミュニケーションネットワーク事務局によりますと、ショップリストのインターネット上の公開は今のところ控えさせていただきますとのことです。お店データの掲載内容が、住所と電話番号のみで使い勝手が悪いので、10時3時でリンク集をお作りしようと思います。(リストを入手したひとが、いずれネット上に公開すると思いますが・・・)
このリストに掲載されているお店は、最近OPENしたお店もありますが、飲食店としてちゃんとしたお茶をお作りして営業されているお店ばかりです。茶葉3グラムを大切に扱えるお店です。茶葉や雑貨の物販を中心にして、大量のフレーバーティーを販売している店とは、ふた味は違うでしょう。
また、新しいニュースがありましたら、お知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »