« おいしい西洋梨の見分け方 | トップページ | 西洋梨のジャム »

2007年10月22日 (月)

オリオン座流星群

今日は朝5時から天体観測。オリオン座流星群という流れ星が多く見える日でした。
よく晴れて、そんなに寒くもなく、観測には好条件でした。15分くらい眺めて、大きなものが5個くらいでしょうか。たぶん小さな流れ星がもっと多くあるはずでしょうが、広島の街中ではチョッと見えません。
それにしても、今の時期の明け方5時の空はとてもにぎやかです。南の空に、オリオン座と全天で一番明るい星シリウスとおおいぬ座、南の天頂付近には火星が見えます。また、東の空には、明けの明星の金星とすぐとなりに土星が見えます。金星は小さな望遠鏡があれば、三日月のように満ち欠けが観測できますよ。
あと、市街地では難しいのですが、南の空が開けていて水平線が見えるようなところにお住まいの方でしたら、全天で2番目に明るいカノープスが観測できます。オリオン座とおおいぬ座の中間あたりの水平線すれすれのところに見えると思います。水平線に近いので、ちょうど夕焼けが赤くなるように、すこしぼんやりとした赤っぽい星です。(南の星座の星なので、東北地方以北は水平線の下にかくれて見えません。)カノープスを見た人は長生きできるそうです。私も1度しか見たことがありません。
これからは、空気も澄んで天体観測にはもってこいです。冬の星空いかがですか?

|

« おいしい西洋梨の見分け方 | トップページ | 西洋梨のジャム »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/16838467

この記事へのトラックバック一覧です: オリオン座流星群:

« おいしい西洋梨の見分け方 | トップページ | 西洋梨のジャム »