« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

11月1日は紅茶の日

今日で10月も終わります。気温変化のはげしい10月でしたが、いかがお過ごしでしょか?
さて、明日11月1日は紅茶の日です。昔々の江戸時代に、日本人が初めて紅茶を飲んだ日だそうです。(詳しくは、日本紅茶協会のHPなどをご覧くださいませ。)
日本紅茶協会URL・・・http://www.tea-a.gr.jp/dic/day.html
10時3時では、毎年11月1日から1週間限定で、紅茶の日にちなんで
世界三大紅茶(ダージリン、ウバ、キーマン)のカップティー200円を実施しています。
今年は、11月7日はクッキングスクールの授業が入っていてお休みしますので、11月8日までとさせていただきます。通常の半額で、ケーキをつけても300円~と超お得。ご来店をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

象印ホットサンドメーカー

Hotsand1resize先週、初めてヤフーオークションに参加して商品を購入しました。オークションといっても欲しい人がほかにいなかったので、最低価格でそのまま終了しました。
お宝は、写真の象印ホットサンドメーカーです。最近の商品は、セットしたサンドイッチのパンが自動的に(勝手に)三角形に仕上がるタイプがほとんどで、具が入って膨らんだままの状態で仕上がるタイプがありません。お店で使っているのは、テフロン加工がそろそろ限界で、サラダ油を引きつつ使っていました。ちょうど買い替えを検討していたところ、オークションで同タイプを1個だけ発見したのでした。
Hotsand2resize これから冬にかけて、ホットサンドがおいしいですね。寒い日にはご注文も集中しがちなので、これで少しは迅速な対応ができそうです。
落札者評価(1)がつきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

西洋梨のジャム

西洋梨のジャムは、基本的には桃やりんごのジャムの作り方と一緒ですが、水分が多いので出来上がり量は少なくなります。通常のジャムの作り方では、果物の重さの半分の砂糖を用意しますが、西洋梨の場合は煮詰まって甘くなりすぎるので、砂糖を減らして作ります。
Pearresize2 材料 西洋梨・・・中サイズ2個(約800グラム)
    砂糖・・・西洋梨の重さの20%(160グラム)
    レモン果汁・・・レモン4分の1程度
作り方 1.西洋梨は皮と芯、種を取り、いちょう切りにします。
  完熟した西洋梨は滑りやすいので気をつけましょう。
2.1を鍋に入れ、砂糖をまぶして混ぜ、2時間くらい放置します。
3.2を中火にかけ、沸騰したら弱火にしてあくをとります。
4.3にレモン果汁を入れ、再び煮詰めていきます。余熱で固くなるので早めに火を消します。出来上がり量は、300グラムくらいです。
Pearjamresize このくらいの分量だと、電子レンジで簡単にできます。いちょう切りの西洋梨と砂糖を丼鉢に入れ、レンジ弱(200W)で20分くらいかけます。そのあいだ時々かき混ぜながらあくを取ります。レモン汁を加え、再びレンジ弱で40分くらいかけます。そのあいだ10分おきくらいに良くかき混ぜ、余熱で固くなるので少し水分が残る程度で終了します。西洋梨の柔らかくなった果肉をそのまま崩さなければ、きれいなプレザーブタイプに、途中で木べらでつぶせばピューレタイプになります。プレザーブタイプは、鍋よりも電子レンジで作った方が、上手にきれいな形が残ります。写真はピューレタイプの例です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

オリオン座流星群

今日は朝5時から天体観測。オリオン座流星群という流れ星が多く見える日でした。
よく晴れて、そんなに寒くもなく、観測には好条件でした。15分くらい眺めて、大きなものが5個くらいでしょうか。たぶん小さな流れ星がもっと多くあるはずでしょうが、広島の街中ではチョッと見えません。
それにしても、今の時期の明け方5時の空はとてもにぎやかです。南の空に、オリオン座と全天で一番明るい星シリウスとおおいぬ座、南の天頂付近には火星が見えます。また、東の空には、明けの明星の金星とすぐとなりに土星が見えます。金星は小さな望遠鏡があれば、三日月のように満ち欠けが観測できますよ。
あと、市街地では難しいのですが、南の空が開けていて水平線が見えるようなところにお住まいの方でしたら、全天で2番目に明るいカノープスが観測できます。オリオン座とおおいぬ座の中間あたりの水平線すれすれのところに見えると思います。水平線に近いので、ちょうど夕焼けが赤くなるように、すこしぼんやりとした赤っぽい星です。(南の星座の星なので、東北地方以北は水平線の下にかくれて見えません。)カノープスを見た人は長生きできるそうです。私も1度しか見たことがありません。
これからは、空気も澄んで天体観測にはもってこいです。冬の星空いかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

おいしい西洋梨の見分け方

ようやく西洋梨の季節がやってきました。英語の教科書のさし絵でしか見たことのなかった西洋梨ですが、今は小さな八百屋さんに行っても店頭に並んでいます。いい時代ですね。
タイトルには「おいしい・・」となっていますが「食べ頃の・・」が正解です。今までいろいろな品種の西洋梨を食べましたが、どれもハズレはありません。断言できます。もし、あなたが食べた西洋梨がおいしくなかったとしたら、それはチョッと食べ頃を見誤ったのだと思います。
Pearresize 見分け方は、とても簡単です。西洋梨の軸の反対側のお尻の部分(俗に言う「花落ち」)をチョッと押して、やわらかさを感じれば(少しへっこめば)食べ頃です。このやわらかさの確認方法は、桃やキウイフルーツに共通した見分け方なので、覚えておくと便利です。食べ頃になりますと、香りも出てきます。完熟した西洋なしは傷みやすいので早めに冷蔵庫に入れ、食べきるようにします。そのままほおっておくと、1日でダメになります。
で、何が難しいかといいますと、この食べ頃になる時期がいつ来るかが全く予想ができない点です。産地では、追熟処理をして出荷しますが、やはり早めに出荷します。一番いい方法は、店頭に並んでいる西洋梨に割引シールが張ってあるものを買うことです。スーパーさんも完熟すると傷みが早く来るというのは知っていますので、半額くらいにはなっていると思います。傷んだら最後、売り物にならず全損になるのでスーパーさんも大きな痛手を被ります。もし、固いのもしか見当たらない場合は、少しでも香りの良いものを選んで買って帰ります。そして、部屋の中で(つまり室温で)ほおっておいて、毎日朝夕、やわらかさを確認します。食べ頃になりますと、だいたいの品種は表面の色が黄金色に変わりますが、ラフランスは緑のままなのでご注意を。
西洋梨は、ラフランスが有名ですが、ほかにもいろいろな品種があります。早生品種のオーロラ、バートレット、大玉のゼネラルレクラーク、マルゲリットマリーラなど。何でも食べてみましょう。写真は、山形産オーロラの例です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

紅玉りんごのアップルティー

紅玉りんごのおいしい季節になりました。電子レンジを使って簡単に作るアップルティーをご紹介します(ティーカップ1杯分)。

Appletea1resize材料
紅玉りんご・・・10分の1個程度(りんごの中に蜜が入っているような完熟のものをご利用ください)
ニルギリ茶葉・・・2グラム(ティースプーン軽く1杯、なければ、ケニアなどあまり強くないものを。ティーバッグ1個でもOKです)
Appletea2resizeお湯の量:200cc ・・・熱湯です。
ポリプロピレン製容器で、容量が300cc程度のものを1個。なければ大きめのマグカップで代用できます。
ポリプロピレン製容器についてはホームページをご参照ください。
Appletea3resizeURL:http://homepage3.nifty.com/tearoom1003/
作り方 
1.りんごの皮と芯を取り除き、いちょう切りに限りなく薄くスライスします。
2.1を容器に入れ、熱湯を注ぎます。
3.2にふたをせず、電子レンジ(600W)に約2分かけます。
Appletea4resize4.3を電子レンジから取り出し、茶葉を入れます。
5.4にふたをして、約2分30秒蒸らします。(ティーバッグのときは約1 分)
6.出来上がった紅茶を、茶漉しを通してティーカップに注ぎます。
(お湯の量は、りんごが水分を吸うので180ccより多めにします。又、りんごは、なるべく薄くスライスした方が、おいしく出来るようです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

10時3時の店内音楽はミュージックバード

10時3時のお店が開店して1週間くらいたった頃、広島テレビの方がご来店されて、「ここで流している音楽は普通の有線放送でもCDでもないね、いったい何?」とご質問。さすがはプロですね。音声の担当者やオーディオに詳しい方から、時々このような質問があります。
10時3時で流している店内音楽(BGM)は、東京からの音楽専門の衛星放送「ミュージックバード」のクラシック番組です。2階のお店のチューナーから同軸ケーブルを100メートル敷いて、屋上のパラボラアンテナとつながっています。詳しくは非圧縮PCM衛星デジタル放送というそうです。数ある音楽放送のなかで、もっとも音質の良い方法で(たぶん日本一)、その中でもクラシックとジャズの番組はピカイチです。なんといってもノイズがありません。10年以上も前からミュージックバードをBGMとして採用しているのは、広島では10時3時だけでしょう。
近年、ミュージックバードは東京FMの傘下に入りましたので、広島FMなど各社FM局のホームページにもバナー広告がでていたりします。
URL・・・http://www.musicbird.jp/
Mdr2000 チューナーとアンテナの個人向け無料レンタル制度もありますので、オーディオアンプをお持ちの方にはオススメです。最近、お店のチューナーを最新機種に入れ替えたのですが、ミュージックバードのHPで紹介されているチューナー「MDR-2000」は、曲名や演奏者、CD番号がリアルタイムで表示されてとっても便利です。曲名などのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。
なお、次のようなときは、CDやFM放送に切り替えますのでご了承くださいませ。
大雨で受信状況が悪いとき(東京が大雨でも悪くなります)。
現代音楽などで、急に大きな音が出てびっくりするようなとき。
超マニアックな特集のとき(例・・指揮者別の演奏聴き比べの特集で、ベートーベンの交響曲「運命」ばかりが、2時間くらいつづくなど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

日本三大酒都と日本三大酒どころ

問題です。日本三大酒都はどこでしょうか?
広島人には簡単です。灘、伏見、西条です。
それでは、日本三大酒どころといえば・・・?
答えは各人が検索して調べてみましょう。
灘や伏見は、日本中の人がご承知のことと思いますが、3つ目は各都市で主張が異なっているようです。西条には、研究機関があったり軟水醸造発祥の地であったりと、それなりの理由はあるのです。が、全国レベルで見るとどうでしょうか?たぶん、新潟の人は新潟県が一番だと、秋田の人は秋田県が一番だと思っているのでは?日本三大・・は町おこしのキャッチフレーズなので、言ったもの勝ちのところがあります。3つ目を決める根拠となるアイテム(蔵元の数とか、県別の出荷量とか、売り上げランキングなのか、のんべえの人数なのか・・・)が明確ではないので、決めようがありませんね。ちょうど海軍カレーの元祖を競っているどこかの都市と同じような感じがしたので、こんな記事を書いてみました。西条の人ごめんなさいね。
今年の西条の酒祭りは10月13,14日でーす。
(いまのところ、私の好きな日本酒は、土佐の司牡丹です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

家電製品の裏事情

先週、お店のオーブンレンジが故障しました。開店当初からほぼ12年。家庭用の機器をお店でフル稼働していたので、寿命だったのでしょう。突然のお別れでした。とはいうものの、次の日からケーキなしでは困りますので、新しいオーブンレンジを購入しました。
Ovenresize ここで頼りになるのが、南区段原でナショナル家電製品を販売しているパナックかいぜんさん。我が家とは、もう40年以上のお付き合いがあります。お電話をすると、現在の最新の機種の説明と、おすすめの型番と値段はコレ!と。即決で翌日納品でした。
ここで販売店のMさんから聞いた最近の家電製品の裏事情を少々。
1.地デジ対応テレビ・・・今までのテレビとまず違うのが、テレビを買ったら1台に1枚づつテレビに差し込むカードがついてきて、それを差し込まないことには全くテレビが映らないそうです。(それを知らない大手家電量販店の配達員が多く、トラブルの原因になっているそうです。)また、各テレビ局ごとにそれぞれ映るように調整が必要で、一般の人ではちょっと難しいそうです。(それは、大手家電量販店の場合は、商品代金とは別料金でサービス料として請求されるので、全体でみるとあまり安くはならないのです。)
2.家電量販店の合併・・・大量に家電メーカーに発注をかけることで商品売値を安くすることができます。家電量販店同士が合併をして発注量を増やす方向に世の中が動いていますが、家電メーカーのほうも卸値が下がると困るので、安いなりの中身しか作れません。各家電量販店で販売されているオリジナル商品は、正規品とは外観は同じでも中身は値段相応ということです。また、各家電量販店では、交換部品の管理もある程度のモジュール(複数の部品が集まったひとかたまり)で大まかにしかやっていません。修理が必要なときには周りの必要のない部分もひっくるめて交換するので、修理代が高くつくそうです。(そうしたら買い替えようかって話になりますので。)ちなみにナショナルの正規品では、ねじ1本パッキン1個まで管理していて、必要部品が必要量だけ供給されるそうです。
3.WINDOWS VISTA・・・プリンターなど周辺機器の古いものはサポートしていないので動かないものがいろいろ出てきているとのこと。また、画面の表示アイコンなどもXPと全く違うので、お客様のお問い合わせに対してお答えできず、VISTAにはちょっと手を焼いているそうです。
最近では、新製品が出てもメーカー主催の研修や勉強会なるものはなく、自分で1個1個勉強するしかないそうです。どこの世界も大変ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

おいしいりんごの見分け方

10月に入ってようやく秋らしい風が吹き始めました。スーパーのりんご売り場もようやくりんごの香りがし始めました。先月までは数種類のりんごは並んではいましたが、ぜんぜんりんごの香りがしませんでした。皆様はお気づきだったでしょうか?
姿かたちがりんごでも、香りのしない果物は未熟品です。季節を先取りして目新しい果物を並べておくと、少々高くても買ってしまうのが、新しい物好きの日本人の習慣です。あまりあせっても、おいしいものは手に入りません。時期が来れば完熟品が必ず出てきますし、そのころは出荷量も多くなるので値段も安いものです。お目当ての果物を買うかどうかの判断は、いい香りがして、値段が安いかどうかで判断しましょう。目ではなく鼻で判断します。
Tsugaruresize おいしいりんごの見分け方は、20世紀梨のときとほぼ一緒です。軸の周り(俗に言う「肩(かた)」)の盛り上がりを確認して、香りのいいものを選びます。りんご全体が赤くなっているものということが以前は言われていましたが、今はあてになりません。(りんごの木の下にアルミシートを敷き、太陽光線を反射させることで、人工的にりんごの下半分を赤く色づけることができるそうです。)一般的には、大きくて重量感のあるものがいいのですが、津軽など柔らかい品種のりんごは、果肉がすぐにブヨブヨになるので、初秋の気温が高い時期には少し小さめのりんごが良いでしょう。
また、おいしくなる条件に、昼夜の寒暖の差が激しいかどうかがあるそうです。これは農産物全般に言えることのようで、お米やぶどうで特に最近の売り口上としてよく利用されます。インターネットにいろいろ詳しく載っていますので、お調べになりたい方は「寒暖の差 ポリフェノール」で検索されてみてください。この観点からしても、最低気温が25℃に近かった今年の9月はあまりおいしい果物が期待できなかった月といえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

かぼちゃの種の活用法

Kabochapuddingresize 9月から新しいメニュー「かぼちゃプリン」をお作りしています。いつもかぼちゃの種の部分は捨てていますが、「捨てるのはもったいない」とご指摘がありました。それもお母さんといつもご来店されている袋町小学校1年生のあきひと君から。今までかぼちゃの種を食べたことはたぶんないので(知らず知らずのうちに口にしたことはあるでしょうが)かなりショックでした。酒のつまみになるくらいは知っていましたが・・・。
ネットで調べますと、一般的には3日間くらい天日干しにした種をフライパンで炒って、塩をふりかけて食べるそうです。あきひと君と次回作っておく約束をしましたのて、ちょっとだけ即席でお作りしました。種の周りのわた(ふわふわしたところ)を洗い落とし、オーブントースターで少々ひっくり返しながら5分くらい焼きました。ちょっと目を離すと真っ黒焦げになります。少し殻に焦げ目がついて、トースターの中でぱちぱちと殻が弾ける音がするくらいがいいと思います。
Kabochanotaneresize殻を割ると白い実が出てきます。生焼けだと種が半透明で、殻と実がひっついたまま取れません。天日干しであれば、実が乾燥して少し縮み、取れやすくなるのではと思われます。味はやわらかいナッツのようです。手間の割には、おなかがいっぱいになるほどには食べれません。(ひまわりの種をつついている、オウムやインコのような気持ちです。)種がふっくらしていないと実入りも少ないようです。少し余分がありますので、食べてみたいお客様はご来店の際にお申し付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »