« カウンターを取り付けました | トップページ | マスカットフレーバーのぶどう「バラディー」到着 »

2007年9月22日 (土)

マスカットフレーバーのぶどう「バラディー」

今日は紅茶の香りについて。
お客様から、「この紅茶はどんな感じですか?」と聞かれた場合、おおよその模範解答なるものがあります。アッサムは濃いミルクティー向けで深まりゆく秋にぴったりですとか、ラプサンスーチョンは正露丸紅茶?などなど。この模範解答では、ダージリンは、よくマスカットフレーバーと例えられます。マスカットは黄緑色の夏に出回るぶどうです。でも、かなりの紅茶通の人がダージリンの紅茶を飲んでも、「マスカットのぶどうの香りによく似ていますね」という感想は、残念ながらありません。
一般のスーパーで販売している黄緑色のぶどうの品種は、「マスカットオブアレキサンドリア」や「ネオマス」という品種です。これらのぶどうでは、ダージリンの香りのイメージとはちょっと遠いですね。では、そのほかの黄緑色のぶどうを皆様は何かご存知ですか?
Baladi 中近東レバノン原産のぶどうで「バラディー」という品種があります。10時3時のお店を出す前の青果市場勤務の時期に、この「バラディー」を食べた瞬間、私の頭の中で「ダージリン」と「バラディー」とが結びつきました。いまだ食べたことのないぶどうは、世界中に山のようにあるでしょう。が、私の青果市場での経験を通じたなかでは、この「バラディー」という品種が、最もダージリンの「マスカットフレーバー」に近い品種です。

さて、一般の流通ルートであまりおみかけしない、この希少品種「バラディー」を扱っているぶどう園をインターネットで発見しましたので、ちょっとご紹介しておきます。ココ以外では山梨県や愛知県のぶどう園に少々あるくらいです。
岩国松宮ぶどう園 ・・・http://www.sky.icn-tv.ne.jp/~matsugrp/index.htm
電話でお尋ねしたところ、ピオーネやベリーAのぶどう狩りはできるそうですが、「バラディー」は園内での店頭販売のみだそうです。また終了まぎわのため、今ならまだありますが、9月いっぱいは難しいそうで、こうなるとチャンスはこの連休(22~24日)が最後になります。紅茶好きで連休の予定がまだ決まらないあなた、さっそく岩国までおでかけして「バラディー」を試してみませんか?食べ物の出会いのチャンスは、そう多くはありません。(次は来年の8月です。)

|

« カウンターを取り付けました | トップページ | マスカットフレーバーのぶどう「バラディー」到着 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

本などにダージリンはマスカットフレーバーって書いてありますけど、今までよくわからなかったです。
でも、バラディーはダージリンと結びつくんですね。
そんな種類のマスカットがあることすら知りませんでした。
ぜひ食べてみたいです☆☆

投稿: piroko | 2007年9月22日 (土) 23時39分

予定がなかった日曜、行ってきてみました。
カーナビで電話番号検索しないとわからない場所でしたが、結構人が多かったです。
バラディーは細長い形で皮もやわらかくまるごと食べるそう。
梨のような感じと思いました。宮崎の五ヶ瀬でワイン用ぶどうを食べさせてもらった時もそう思いました。
さらっとした香味がダージリン紅茶を思わせます。
よい情報をありがとうございました。

投稿: Tomo | 2007年9月23日 (日) 20時13分

倉田様
バラディーへのコメントをどうもありがとうございます。
すばらしい行動力ですね。少しでもお役に立ててうれしいです。
香りの感じ方は個人差がありますので少し不安でした。
たぶん、アッサムなどのほかの紅茶に比べてダージリンは爽やかで
その感じをマスカットに例えたのだと思いますがいかがでしょうか?

投稿: 10時3時の店長より | 2007年9月24日 (月) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/16522960

この記事へのトラックバック一覧です: マスカットフレーバーのぶどう「バラディー」:

» 小論文の復習 [小論文が苦手だった男のブログ]
初めまして☆ないように通じるものがあると思い、トラックバックさせていただきました。迷惑でしたらすいません。私は、小論文の書き方について、自ら法科大学院に受かった経験を下にブログを書いています。よかったら遊びに来てください!... [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 10時26分

« カウンターを取り付けました | トップページ | マスカットフレーバーのぶどう「バラディー」到着 »