« ずんだ餅 | トップページ | ぶどう(キャンベル種)のジャム  »

2007年8月12日 (日)

おいしいぶどうの見分け方

お盆前は色々なぶどうが出回っていますが、完熟の甘いぶどうと甘くないものがスーパーの同じ棚に混在して売られていることが多々あります。

1.おいしいぶどうの見分け方・・・実を触ってみて、ほどよい弾力があること。

Pioneresize ぶどうの実を触ってみて、実が固く皮が張っているものはあまり甘くありません。ほどよい弾力があり、また、水っぽくないものを選ぶのがポイントです。日照りが続いていたときに収穫した果物は、適度に水分が抜け糖度が高くなります。逆に雨が上がってすぐに収穫したものは、水分を多く含み、傷みやすく日持ちがしません。

2.実の色が濃いものは、味も濃く、色が薄いものは味も薄く水っぽいです。

ぶどう全体を見たときに、実の色が濃いものを、また、実の大きなものを選びましょう。写真は岡山産ピオーネの例です。 

|

« ずんだ餅 | トップページ | ぶどう(キャンベル種)のジャム  »

おいしい果物の見分け方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/16088684

この記事へのトラックバック一覧です: おいしいぶどうの見分け方:

« ずんだ餅 | トップページ | ぶどう(キャンベル種)のジャム  »